<配達日指定不可/産地直送/送料込>玉ねぎ 5kg 2,500円(税込)

508 <配達日指定不可/産地直送/送料込>玉ねぎ 5kg

508 <配達日指定不可/産地直送/送料込>玉ねぎ 5kg
おすすめNEW!!

商品番号 508

当店特別価格2,500円(税込)

甘みがありシャキシャキとした歯ごたえが特徴の北海道産玉ねぎです。

玉ねぎにはビタミン群、カリウム、亜鉛、リン、ビタミンCなど栄養成分を幅広くバランスよく含んでいます。

玉ねぎを食べると血液がサラサラになると言われますが、これは玉ねぎに含まれる「硫化アリル」という成分が固まりがちな血液を抑制してくれる効果があるため、サラサラになると言われています。
血液サラサラ効果と血液循環がよくなることから冷え性に良い食材とも言われてます。

玉ねぎに含まれる硫黄化合物は水に弱く、水にさらすと溶け出して無くなってしまいますので、水にさらす時間はなるべく短めにして、辛味が気になる場合は酢にさらすのもオススメです。

<新発売・限定300・売切御免!>業務用毛がに 13~15尾・4kg

「自然解凍で美味しくお召し上がり頂けます」 423 <新発売・限定300・売切御免!>業務用毛がに 13~15尾・4kg

「自然解凍で美味しくお召し上がり頂けます」
423 <新発売・限定300・売切御免!>業務用毛がに 13~15尾・4kg
おすすめNEW!!SALE!!

商品番号 423

当店特別価格18,800円(税込)

北海道を代表する味覚といえばやはり「毛がに」

全身が毛で覆われているのが特徴の一つで、オホーツク沿岸、太平洋沿岸、噴火湾にかけほぼ一年を通して旬の味が楽しめます。

その風貌には似合わぬ繊細でほんのりとした甘さは、北海道の代表的な海の幸として全国にその名を知らしめています。

その味わいと独特の風味は、一度食べたらやみつきになる美味しさ。
高級珍味としておなじみの「かにみそ」もオススメの逸品です。

<新発売・3パックでお得!>いくら醤油漬 37g×3パックおすすめNEW!!

「便利な使い切りパックでお届け!」 578 <新発売・3パックでお得!>いくら醤油漬 37g×3

「便利な使い切りパックでお届け!」
578 <新発売・3パックでお得!>いくら醤油漬 37g×3パック
おすすめNEW!!

商品番号 578

当店特別価格1,740円(税込)

味覚の女王「いくら」
新鮮な鮭の卵をじっくり漬け込んだ「いくらの醤油漬」です。

粒が大きく鮮度抜群のものをご用意いたしました。

一粒一粒が色鮮やかでキラキラしており、まさに「海の宝石」

使い切りパックですので、保存も便利。
ホンモノの味を是非ともご賞味下さい。

北海道興部(おこっぺ)町 北海道産の熟成製法ハムの詰合せ

「手間と時間を惜しまずに作られた熟成製法のこだわりハム」 660 興部(おこっぺ)ハムセット<A>

「手間と時間を惜しまずに作られた熟成製法のこだわりハム」
660 興部(おこっぺ)ハムセット<A>
おすすめNEW!!

商品番号 660

当店特別価格3,300円(税込)

緑豊かな北海道興部(おこっぺ)町で北海道産の厳選した素材にこだわり、HACCPに基づく衛生管理のもと生産した熟成製法ハムの詰合せです。

手間と時間を惜しまずに作られた商品は、ハム・ソーセージにこだわりをお持ちのお客様にも喜んでいただけること間違いありません。

お世話になったあの方へ。

御礼やお返し、お中元、お歳暮などギフトとしてもぜひともオススメのセットです。

<5箱お買上げごとに1箱サービス!>北海道オニオンスープ 5g×24本

「さらなる美味しさを追求しリニューアル」 313 <5箱お買上げごとに1箱サービス!>北海道オニオンスープ 5g×24本

「さらなる美味しさを追求しリニューアル」
313 <5箱お買上げごとに1箱サービス!>北海道オニオンスープ 5g×24本
おすすめNEW!!

商品番号 313

当店特別価格1,300円(税込)

:;;;:**5箱お買上げごとに1箱サービス*:;;;:**

さらなる美味しさを追求しリニューアル!
全国一の収穫量を誇る「北見地方産の玉ねぎ」から抽出したエキスを粉末化し、コクと旨味はそのままに風味豊かな顆粒状のスープにしました。

お湯を注ぐだけで美味しいオニオンスープの出来上がりです。

スープとしてはもちろんですが、カレー・チャーハン・煮物などの調味料としても大活躍!

数の子のプチプチ食感と、チーズの濃厚な味わいがクセになること間違いなし!

おつまみやお料理の添え物にピッタリ!」 947 <新発売>カッチーノ (12個(42g)×2袋)

数の子のプチプチ食感と、チーズの濃厚な味わいがクセになること間違いなし!

おつまみやお料理の添え物にピッタリの新商品です。

□ 内容量 □

●カッチーノ(12個(42g)×2袋)

犬を飼ったら、きちんと愛犬をしつけることが飼い主の義務です。

犬のしつけ・飼い方 基本的なしつけを行えば 犬も飼い主も幸せに

犬を飼ったら、きちんと愛犬をしつけることが飼い主の義務です。まずは飼い主がリーダーであることを認識させ、よいことをしたら褒め、悪いことをしたら叱ることを徹底しましょう。特に愛情を込めて褒めることはとても大切です。

基本的なしつけ

トイレのしつけ…室内飼いの場合、子犬を迎えたらまず行いたいのがトイレトレーニングです。トイレの場所を決めて、きちんとそこでできるように、徹底的に教え込みましょう。外に出た時にしか排泄をしない犬もいますが、老犬になったり病気になった時のことを考えると家の中で教えた通りにトイレができるようになるのが望ましいです。

ハウスのしつけ…クレートを用意し、飼い主が命令すると犬が自発的に中に入っておとなしくできるようにするしつけです。ハウスのしつけができていると、犬を留守番させる時も、自分の居場所があるために、落ち着いて過ごすことができるようになります。また、災害時などにも役立ちます。

問題行動の改善…無駄吠え、噛み癖、拾い食いなど問題行動がある犬は、早い段階で改善させましょう。改善させるには根気強くトレーニングを行う必要があります。ドッグトレーナーなど犬のしつけのプロに相談するのもひとつの方法です。

柴犬 性格と特徴 日本生まれの歴史深い柴犬は 飼い主に忠実で、頑固な一面も

柴犬 性格と特徴 日本生まれの歴史深い柴犬は 飼い主に忠実で、頑固な一面も

柴犬の性格

古くから猟犬や番犬として活躍していた柴犬は、賢く勇敢な性格です。独立心があり、我慢強い反面、頑固なところもあるので、子犬の頃からきちんとしつけておきましょう。見知らぬ人に対しては警戒して吠えることもありますが、飼い主には忠実です。猟犬気質があるため、体を動かしたり、オモチャで遊ぶことが好きです。

柴犬の特徴

日本原産の柴犬は、ピンと立った耳、キリッとした顔立ち、くるんと丸まった尻尾が特徴的。国の天然記念物に指定されている日本犬種のひとつで、他の日本犬よりも小型で飼いやすいところが人気です。国内だけでなく海外からも「SHIBA」と呼ばれ、注目されています。体つきはがっしりとしていて、筋肉が発達しており、寒さなど環境に順応でき、健康的な犬種です。

狩猟犬として改良されたダックスフンドは、勇敢で好奇心旺盛な性格。

ミニチュアダックス 性格と特徴 アナグマの狩猟犬として誕生した ドイツ原産の胴長短足犬!

ミニチュアダックスの性格

狩猟犬として改良されたダックスフンドは、勇敢で好奇心旺盛な性格。そのため、ミニチュアダックスも穴を掘る、獲物を追いかける、ニオイを嗅ぐなどハンティング気質が色濃く残っています。毛質によっても性格が異なり、スムースは頑固で負けず嫌い、ロングは明るく友好的、ワイヤーは協調性に富んだ性格が多いのが特徴です。

ミニチュアダックスの特徴

ドイツ語で「アナグマ犬」という意味を持つ、ダックスフンド。その名の通り、巣穴にいるアナグマを狩る狩猟犬として、胴長短足に改良されました。胸が発達していて、筋肉質で引き締まった体型をしているのも特徴的です。顔立ちは面長でマズルが長く、アーモンドアイや垂れ耳もチャームポイント。

活発な犬種なので、十分に散歩や遊びの時間を設けてあげましょう。ダックスフンドの中でも、最も多く飼われているのがミニチュアダックスです。日本でミニチュアダックスはトイプードル、チワワに次ぐ人気犬種となっています。

チワワ 性格と特徴 勇敢で賢く、飼い主に忠実な世界で最も小さい犬

チワワ 性格と特徴

勇敢で賢く、飼い主に忠実な
世界で最も小さい犬

チワワの性格

体は小さくても勇敢で、とても賢い犬種です。警戒心が強い傾向にあるため、初対面の人には懐きにくいですが、飼い主に対しては愛情深く、忠誠を尽くすタイプ。そのため飼い主がほかの人や犬を相手にしていると、やきもちを焼くこともあります。飼い主がピンチのときには吠えるなどして、必死に飼い主を守ろうとするかもしれません。好奇心旺盛で適応能力があるため、仲良くなりやすいです。

チワワの特徴

世界最小の犬として知られるチワワ。大きな瞳、立ち耳、短めのマズルが特徴的な犬です。額は丸みを帯びていて、その形状から“アップルドーム”と呼ばれています。小柄なわりに体型はがっしりしていて、動きが機敏です。体が小さくて活発なチワワは、家の中を走り回ったり、飼い主と遊んでいるだけでも一日の必要運動量をこなすことができるため、飼いやすいと人気。現在はトイ・プードルに次ぐ人気犬種の座をキープしています。

チワワの歴史

チワワの起源については諸説あり、その真相は明らかになっていません。その中でも、中南米で昔から生息していた「テチチ」と呼ばれる犬を祖先とする説が有力です。19世紀にメキシコのチワワ州からアメリカに持ち込まれたことから、「チワワ」と呼ばれるようになりました。