いびき、無呼吸症候群 気道を確保する顎の位置を調整で2段階の高さ調整

いびき、無呼吸症候群が気になる方へ 気道を確保する顎の位置を調整できる2段階の高さ調整

いびき、無呼吸症候群が気になる方へ
気道を確保する顎の位置を調整できる2段階の高さ調整

身長や体格の違いで枕の高さを変える必要があります。

スリープマージ®ピローでは3cmと5cmの2つの高さを調整できます。 これは、気道を確保するために顎を上げられる必要な高さを出せるようにしました。

もっと高い枕、低い枕がお好みの方もいらっしゃると思いますが、気道の確保がうまくできない可能性があります。いびきや無呼吸症候群が気になる方は、枕の高さを気にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です