薄毛の原因AGAは進行性で、一度発症したら、治ることはありません!

男性の薄毛の原因はほぼAGAであると言っても過言ではありません。AGAは進行性の症状で、生え際・頭頂部の頭皮にある5α還元酵素が生み出す「DHT」というホルモンが髪の成長を抑制してしまうことで進行します。

AGAになるか遺伝によるところが大きいですが、遺伝だけでなく、生活習慣の乱れなどでスイッチが入り、AGAを発症してしまうこともあります。

AGAの影響を受けない後頭部の髪を移植する

後頭部・側頭部の髪はAGAの原因となる酵素の影響をうけにくいので、一生涯生え続けます。

この元気な髪を気になる薄毛部分に移植する事で、薄毛を解消するのが自毛植毛です。

移植された毛髪は生涯ずっと生え続る

移植された髪はAGAの影響を受けないので、万が一生え際・頭頂部のすべての髪が抜けたとても、移植した髪は抜けることなく、正常な毛髪サイクルのままで一生涯生え変わります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です