医療業界に精通した
精鋭ファイナンシャルプランナー による

医師の資産形成、

お金を増やす資産運用を
プランニングします。

担当者からご連絡 > ご指定の場所で個別にご相談

預貯金だけでは危険!理想は、5つの分散投資でリスクヘッジ

一般的には、分散投資の運用方法として5分割にすることが一番安全だと言われています。

投資する地域や商品、通貨、さらには積立期間など時間といった要素を考慮して分散していきます。

いつでも使える「流動的資金」と、しっかり貯める「安定性資金」、リスクはあるが増やしにいく「収益性資金」の3つに分けてください。

例えば、毎月30万円を貯蓄する場合は、銀行などの預貯金に10万円、株などに10万円、保険などの債券に10万円と分けます。

株や投資信託などの元本割れリスクが気になる方は、預貯金6:保険4などの比率で分散することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です