世界にたったひとつのオリジナルクリスタルが出来上がります。

マジッククリスタルとは

マジッククリスタルとは.jpgマジッククリスタルは、わずか10日で成長するとても不思議なクリスタルです。

カラーは全部で12色あり、作る環境や作り方で形や大きさが変りますので、お気に入りの形ができるまで何度でも作ってみたくなる面白さです。

世界にひとつしかない、自分だけのクリスタル。大人も子供も夢中になれるマジッククリスタルを是非作ってみませんか?

マジッククリスタルは毎回、違った形に育つところが一番の魅力!
世界にたったひとつのオリジナルクリスタルが出来上がります。

上級者になると、色をミックスしたり、完成したクリスタルでアクセサリーを作ったりと、マジッククリスタルを楽しめる幅がどんどん広がります!

みなさんも是非マジッククリスタルで色々な可能性を楽しんでください♪



動画売買 動画がメディアに採用されたら100万円以上の報酬も

あなたの撮影した動画がメディアに売れる!

世界最大級の動画売買プラットフォーム【videocash】がついにオープン!
スマートフォンなどで偶然撮れた決定的瞬間の動画を投稿するだけで お小遣いが稼げちゃう!

貴重性のある動画がメディアに採用されたら100万円以上の報酬も夢ではない!

今すぐ投稿しよう!!

よくあるご質問

Q
どんな動画を買い取ってもらえるのですか?
A
例にあるような面白い、またはびっくりするような動画です。

Q 投稿できる動画のサイズは決まっていますか?
A 4GBまでとなっております。

Q 投稿できるファイル形式は何ですか?
A m4v、mp4、movとなります。

Q 投稿された動画の扱いはどうなりますか?
A 投稿された時点で弊社の定めたプライバシーポリシーに基づき大切に保管いたします。詳しくは利用規約をご確認ください。



限定300枚販売!ファイナルファンタジー30周年記念プレート

限定300枚販売!ファイナルファンタジー30周年記念プレート

30周年記念プレート
能作だからこそできる鋳造技術の高さにより30周年ロゴを細部まで再現。
背面にはシリアルナンバー(x/300)を入れた30周年限定プレート!
職人手作りのため、世界で一枚の逸品。

送料無料価格:30,000円(税抜)

超大作RPGと世界に認められた伝統技術が今、一つになる

メインタイトル15作。
長く親しまれ続けるファイナルファンタジーシリーズと、
国内で唯一純度100%の錫製品を作り続けている鋳物技術400年の歴史を受け継ぐ
富山県高岡市の「能作」の信念は、「常に進化する」を貫いてきました。
両者の熱い思いを熟練の職人がカタチにし、至極の逸品が作り上げられました。

純度100%の錫(すず)が織りなす、ファイナルファンタジーの世界

錫は、金、プラチナ、銀の次に高価で、錆びない・朽ちない金属として、
古来より親しまれています。

さらに、抗菌作用が強く、酸化しにくいとして
やわらかく人の手で曲げることが可能なため自分好みの形に形成できます。

職人が一つ一つ、丁寧に作りあげるので、
世界で一つだけのアイテムがあなたのもとへ届きます。



平成最後の贈り物に月の土地が贈れるギフトカード!

ルナエンバシージャパンでは、「月の土地」、「月の土地 カードセット」、 「月の土地 カード付ファイルセット」と交換できる、3種類のギフトカードをご用意しています。

月の土地の権利書にはお名前や日付を印字しますので、世界でたった1つのオリジナルギフトが贈れます!

彼氏・彼女、大切な人の誕生日にサプライズプレゼントとして、ぜひご利用ください。



オーガニックのベビー服 生まれてきてくれて“ありがとう”。

愛の詩

生まれてきてくれて“ありがとう”。
これ以上どんな言葉でも表現しきれない、愛と感謝の気持ち。

そんな喜びに満ちた、溢れる“愛“を大輪の花で表現しました。
赤いダリアの横で、 優しく寄り添う黄色いハハコグサ。
花言葉は、母から子へ“無償の愛”。

オーガニックコットンの接結ニット
国際認証基準であるOrganic Content Standardの認証を受けたオーガニックコットンを使用。生地を2枚重ねた接結ニットは、生地の間に空気を含むので、ふわりと軽やか。
保湿性と通気性にも優れています。

『エコテックス』認証の染料とボタン
使用している染料とボタンは、繊維製品に対する国際的な安全基準である『エコテックス』の認証を受けたものを使用。

ボタンは軽量なプラスチックなので、金属アレルギーのお子さまにも安心です。



(レッドレンザー)は、ドイツ生まれのポータブルライト専門ブランドです

Ledlenser(レッドレンザー)は、ドイツ生まれのポータブルライト専門ブランドです。

1993年、双子の兄弟、ライナーとハラルド・オポルカの手により創業。金属加工で栄えた、ゾーリンゲンの小さなガレージで事業が始まりました。

当時、兄弟の手元にあったのはアタリ社製の古いコンピューター、工具セット、スケッチブック、そしてわずか1,000マルク(当時の日本円で約7万円)の資金のみ。

これを元手に開発したフラッシュライトが大成功をおさめ、今日では約1500名の従業員が働く国際企業へと発展しています。