金融機関は積極的に個人に対して融資をするようになった。

アベノミクスによる金融緩和の影響もあり、金融機関は積極的に個人に対して融資をするようになった。

定期預金や積立型保険よりも
お得で、さらに
生命保険代わりにもなる

不動産はインフレ(円の価値の下落)に強い為、定期預金や積立型の保険と比べると圧倒的に資産性を維持しやすく、利回りも良い。

団体信用生命保険(*)があるため有事の際の保険にもなる。

将来の備えとして
年金代わりになる

今すぐ家賃収入を得るのではなく、月々の手出しがあったとしても「私的年金」として位置付け、将来の備えとして不動産投資を始める人が増加。
また、賃借人の家賃を活用して資産形成ができる為、レバレッジ効果があるのも魅力。



ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です