「副業」「複業」 いつまでも副業として考えているとフリーランスとしての収入は伸びません。



■「副業」「複業」の進め方と切り替えのタイミング

フリーランスを志す理由は人それぞれですが、何の経験もないまま独立をしようとしても実現は難しいですよね。

会社勤め、もしくは個人で活動しながらステップアップをしていくことが一般的な独立のプロセスとされています。

『フリーランス 4つのタイプ』の記事内で、「副業」と「複業」という言葉が出てきていますが、この二つの違いはお分かりでしょうか?

簡単にまとめると、「副業」は本業を持ちつつ、不足した収入や身につけたいスキルをプラスするために空いた時間で補うスタイル。

「複業」では複数の仕事を担うスタイルとなっており、「どの仕事が副業に該当するか」というわけではなく「どの仕事も本業」という形になります。

フリーランスとしての収入は最初は0円からのスタートなので、ほとんどの人が副業として始めます。

軌道に乗り、ある程度まとまった収入を得ることができるようになってきた後で、複業と見なすか否かの判断をしていきましょう。

かけている時間と得ている収入が本業と比較してどの程度の差があるのかを考え、差が縮まってきているもしくは同等であれば複業として捉えて良いでしょう。

いつまでも副業として考えているとフリーランスとしての収入は伸びません。

ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です