一眼レフカメラ 光が背中側で顔が影になるとき、暗くならない撮り方をお伝えします



せっかく良いカメラを持っていても、使いこなせていないと
安い小さいカメラや携帯のカメラで十分、なんてことになってしまいます。

ですが、一眼レフカメラなら、実はこんなにも色々なことができるのです。

速いものを止まっているように写したり、ものすごく近くから大きく撮ったり。

ゆっくり丁寧に、分かりやすく、カメラの使い方を教えて欲しい。
そんなお声にお応えして、プロの写真家が楽しく分かりやすく、写真の撮り方を解説します。
初心者の方もお任せください。難しい言葉は使わず、映像で分かりやすく教えます。
カメラの機能をちゃんと知れば、あなたの写真の腕前もググっとアップするでしょう。

合わせたい距離へ自在に合わせられる方法を教えます

良いカメラほど、オート機能が充実していて、あなたが写真を撮るときに勝手に
距離まで調整してくれるものです。ですが・・・
「孫を撮りたいのに、隣の子に調整が合ってしまって孫がボヤケている」
「動物を撮りたいのに、手前にある柵に調整が合ってしまう」
といった不自由も。これらを解決する方法をお教えします。

光が背中側で顔が影になるとき、暗くならない撮り方をお伝えします

旅先など、景色を入れて撮りたいときに、どうしても顔が影になってしまうこと、ありませんか?
そんなときに、景色も人も、きれいに撮れる方法をお伝えします。

ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です