全国の墓じまい・永代供養・離檀・閉眼 お墓が無縁墓、管理者側で強制撤去



お墓の管理をせずそのままにしておくと

お墓が無縁墓(無縁仏)として扱われ、管理者側で強制撤去されます。
先祖の弔いができなくなります。
親族がいる場合、お墓の管理方法についてトラブルになる場合があります。

強制撤去されると、中のご遺骨も合同のお墓に埋葬され、一つの骨壺として取り出せず、永久に供養ができません。

改葬費や合祀墓への納骨費、未払いだった管理費等、まとめて高額な請求が来ることがあります。

現在のお墓に遺骨が残っている場合は遺骨を別の場所に移す必要があります。移転先や永代供養方法がお決まりでなければ弊社スタッフがご希望の供養方法をお聞きしておススメの供養先をご案内いたします。

墓じまいをする際に、お寺とのトラブルになるという話を聞くことはありませんか?
話しにくいお寺や、高額な離壇料金を請求されたなど、交渉サポートを承ります。

お寺からの離壇サポート

改葬許可証

墓地に埋葬されている遺骨を別の場所へ移す際に必要な書類です。
改葬許可証で発行してもらうことができます。
受入証明書

遺骨の移動先に必要な書類です。
受入証明書は移動先の墓地の管理者に発行してもらう必要があります。
埋葬証明書

現在遺骨が埋められている場所の証明書です。
埋葬証明書は現在の墓地の管理者に発行してもらう必要があります。

ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です