お腹の中で再び活性化するポリポリ納豆 健康食として注目度上昇中!



健康食として注目度上昇中!
ポリポリ納豆新味追加で好評発売中!!

30億個以上の納豆菌が生きている!
美味しくても栄養がなくなってはただのスナックです。

本来、納豆菌は熱に弱く、摂氏160℃以上で死滅します。
この点が納豆の加工のネックとなっていました。

そこで、減圧フライ製法(気圧を減圧したタンクの中で、短時間で納豆をフライ状に揚げる製法)が考え出されました。

約90℃で揚げるので、納豆菌をそのまま生かしつつ 香ばしさを引き出すことに成功しました。

この製法で調理した納豆菌は、脱水胞子状態のまま生き続け、 お腹の中で再び活性化するのです。

1包(5.5g)あたり、30億個以上の納豆菌が生きています!

某航空会社の機内菓子としても有名ポリポリ納豆

ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です