わかめペプチドには高めの血圧を下げる機能があることが報告されています

「わかめペプチド粒タイプ」は、2015年4月にはじまった新しい制度のもと、機能性表示食品に。

「血圧が高めの方に」や「わかめペプチドには高めの血圧を下げる機能があることが報告されています」といった、より分かりやすい表示が可能となりました。



機能性関与成分である「わかめペプチド」には、アンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害する作用があります。

このACEの働きを止めると、血圧を上げる物質(アンジオテンシン||)の生産が低下し、さらに血圧を下げる物質(ブラジキニン)の分解が減るというダブルの作用で血圧を安定させます。

「わかめペプチド」はわかめに含まれるタンパク質を酵素で分解してできたペプチドの集まりです。

その中でも代表的なものはアミノ酸が2つ結合したペプチドで、フェニルアラニルチロシン、バリルチロシン、イソロイシルチロシンの3種類です。

気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

「わかめペプチドには高めの血圧を下げる機能があることが報告されています」への40件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です