「Wの凸凹構造」によって素晴らしい寝返り感を実現しています。

めざましテレビをはじめ各メディアで話題騒然!

人気芸人ナイツも絶賛!
楽天「低反発枕」ランキングでも連続1位。

フットサル日本代表の高橋健介選手やスピードスケートバンクーバーオリンピック代表の酒井裕唯選手にも愛用されています。

いま、日本人の10人に1人は不眠で悩むと言われる国民病となっています。

六角脳枕は、枕での悩み「肩こり」「頭痛」「首こり」「不眠症」などがラクになる 構造になっています。

その秘密は「Wの凸凹構造」によって素晴らしい寝返り感を実現しています。



潜在能力を高めることで向いている競技やポジションを見つける

こんな悩みはありませんか?

・ジムに通ってもなかなか思うように効果が出ない
・自分の種目・大会の成績に伸び悩んでいる
・好きな競技が本当に向いているか悩んでいる
・減量がうまくいかなくて、ダイエットが続かない

実はそれ、生まれつきの体質と関わりがあるかもしれません!

食事改善やトレーニングの種類・スケジュールなど見直せることはたくさんありますが遺伝子の影響も大きな要因の一つです。

自分の生まれ持った体質を知った上で食事や運動を行うことは、運動能力向上や健康維持・ダイエットに効果的と言えます。

潜在能力を高めることで向いている競技やポジションを見つけることにもつながりますしスポーツ界でも将来、選手を育成するにも役立つことが期待できるので活用され始めています。



急性アルコール中毒で搬送 大学の新歓コンパなど一気飲みが原因。

早期に「遺伝体質」を知り、「適量飲酒」を心がけることで、「病気のリスク」
を下げることが大切です。

適量を守れば、お酒は健康を後押しします。
家族やあなたを守る「アルコール感受性遺伝子」の検査をおすすめします。

アルコールにまつわる
疑問を解決!

お酒は鍛えれば強くなる?お酒の強い人は依存症にならない?
アルコールに関する「常識」「風潮」は本当に正しいのでしょうか?

一人一人の酔っ払いやすさ、二日酔いのなりやすさなどは、かなりの程度、遺伝的体質で決まります。

お酒に対する体質は、検査しなくても飲めば分かるのではと思われる方が多いのではないでしょうか?それは、大きな間違いです。

若い方は、飲酒の経験も、アルコールの知識も少なく『お酒とは、飲んだら誰もが酔ってしまう』と思い込んでいる方は多いと思います。

その結果『なかなか酔わないなぁ~』とピッチをあげ、急性胃炎のため吐血したり、最悪急性アルコール中毒のため『死』に至る事の例も数多く報告されています。

※1)東京都内において急性アルコール中毒で搬送された人数は1万1357人に上ります。

その大半が20代の若年と未成年で占められ、大学の新歓コンパなど一気飲みが原因と言われています。