ピアノ教室に通う時間のロスを徹底的に省く ピアノ教室に通う時間も無い



★ラーメンのチャルメラで指またぎの練習
★カエルの歌でくぐる練習

★キラキラ星で指を広げる練習
★モーツァルトが指練習になる!?

初心者にとってピアノの指練習は大切です。
あなたの一番の不安も「指が動かない」という部分ではないでしょうか。
これを解決するためには、指が動くようにトレーニングする必要があります。

しかし、一般的な指練習の曲は音の羅列で、曲とはいえないものです。
ですからピアノ初心者はつい指練習を怠ってしまいます。
そのため、なかなか指が動かず、ピアノが上達しないのです。
そんな理由から、今回はとにかく面白い曲であなたの指をトレーニングします。

ただの練習曲ではありません(笑)
とにかく、音を出してみると分かるのですが、「あー!これこれ知ってる!」という曲がたくさん出てきます。

面白いからついつい、どんどんピアノを弾いてしまいます。
しかも、知らないうちにあなたの指が鍛えられているのです。

1,ピアノ教室に通う時間のロスを徹底的に省くこと

2,「1週間でここまで弾く」という区切りを付けても、
社会人にはピアノが難しいということ

3,時間に余裕のある時には一人でどんどん先へ進めること

4,全くのピアノ初心者でも、ドレミが読めなくても、まずはピアノを弾くことが先決

自己満足の写真は卒業!感動を与える写真を撮るコツ



自己満足の写真は卒業!感動を与える写真を撮るコツ

自分ではいいな~と思った写真でも、
人に見せると案外「・・・?」と思われるものです。
なぜなら、あなた自身はその実際の風景を見ていますが、 他の方は見て
いないので感動がうまく伝わらないのです。

どうすれば、あなたの感動が相手にも伝えられるのか?
プロの写真家だからこそ伝えられる、本気の内容です。

カメラがお手伝いをしてくれる機能を、オート機能といいます。
ですが、カメラが勝手に判断するので、撮りたい距離感で撮れなかったり、
暗いところで余計に暗い状態になってしまったり。

オート機能は便利なようで、不便なこともあります。
ゆっくり丁寧に、分かりやすく、カメラの使い方を教えて欲しい。

そんなお声にお応えして、プロの写真家が楽しく分かりやすく、写真の撮り方を解説します。

初心者の方もお任せください。難しい言葉は使わず、映像で分かりやすく教えます。

カメラの機能をちゃんと知れば、あなたの写真の腕前もググっとアップするでしょう。良いカメラほど、オート機能が充実していて、あなたが写真を撮るときに勝手に
距離まで調整してくれるものです。

ですが・・・

「孫を撮りたいのに、隣の子に調整が合ってしまって孫がボヤケている」
「動物を撮りたいのに、手前にある柵に調整が合ってしまう」
といった不自由も。

これらを解決する方法をお教えします。

絵を描くと、視覚や触覚といった感覚的な「右脳」を鍛えることに繋がります。



DVDを観て、まねをするだけ、という手軽さ。なぜなら、上西先生の描く様子が最初から最後まですべて、収録されているのです。
おそらく、かつてないDVDだと思います。

一切省略なし。
だから細かい部分の描き方も全部丸わかりです。

これまで「なんで、こうなったの?」と思っていた細部もきっと、バッチリ分かるでしょう。絵は通常「下絵」→「色塗り」という順番で完成させます。
ですが、上西先生の講座は楽しい色塗りからいきなりスタートです。

先生が描いたプロの下絵を元に、あなたに色を塗ってもらいます。
ですから、素晴らしい絵がいきなり完成するのです。

これまで「下絵の段階でウンザリしていた」という方もきっと、
自分の完成させた絵の素晴らしさに嬉しくなるでしょう。

絵を描くと、視覚や触覚といった感覚的な「右脳」を鍛えることに繋がります。

ただ手を動かすだけでなく、力の加減も必要なので、運動機能も鍛えられて
脳活にぴったりなんです。

さらにストレス発散にもなるそう。

そんな魅力いっぱいで大人に人気の絵画。
これをご覧頂いているあなたもきっと絵を描くことが好きなのだと思います。

ですが、
・思ったような絵がなかなか描けない・使いたい色の作り方がよく分からない・絵画教室は上手な人ばかりで、ちょっと気が引ける・・・

ギターを始めようと思った時に、誰しもぶつかる壁。指が動かない」



ギターを始めようと思った時に、誰しもぶつかる壁があります。

それが
「楽譜が読めない」「コードがわからない」「音楽経験がない」「指が動かない」などです。

ギターの音は好きだし、自分で弾いてみたいと思うのに、これらの壁に諦める人もいらっしゃいます。

ギター教室に通おうと思ったら、準備が必要になりますよね。
女性だったらメイクも必要です。

また、移動は会社帰りに寄るのなら遠回りをしなくてはなりません。
さらには、レッスン時に思わぬ残業が入ったら休まなければいけません。
急な出張で行けない時や体調不良で教室をお休みする時もあるでしょう。

その時にレッスン費は返ってきません。
違う日に振り替えようにもこちらの都合と先生の都合が合わなくてはいけません。

また、他の生徒さんとの都合もあります。

レッスンの時間も先生に会うまでにその日の分の復習や予習ができていれば良いのですが
忙しいとなかなかできません。そうしている間に次のレッスン日が来るのですが、
復習ができていないので同じことを言われたりして、前に進むことができずにいます。

などなど、意外と無駄な時間が多いことに気付かされます。

オーボエでは不思議な呼吸法が出てきます。「息を捨てる」のです。



オーボエの音色に憧れる方はとても多いです。

あなたもきっと、あの独特の音色に憧れて今、このページを
読んでくださっていると思います。

ですが、ギネスも認定するほど「難しい楽器」として有名なオーボエ。

この「難しそう」という印象が先行してしまい、なかなか
手を出せない、と悩んでいらっしゃる方がとても多いのです。

また、誰かに教えてもらいたくても、なかなかオーボエ教室って近くには無いですよね。

なぜ、オーボエに憧れる人は多いのに、教える人が少ないのでしょうか。トランペットやサックス、クラリネット、フルートといったいわゆる「吹く楽器」というのは、肺活量が必要です。

息をたくさん吸って、沢山吐く。
なぜ、吹いているとクラクラするの?

大きな音を出そうとしたら、フーっと強く沢山の息を吹き込む必要があります。

ですから、肺活量の少ない女性では、吹きこなすのが大変です。

ですが、オーボエは不思議なことに「息の余る楽器」なのです。

音を出すのに、沢山の息が必要ないので、
肺活量が少なくても吹きやすい楽器です。

それなのに、なぜ、吹いているとクラクラするのでしょうか。

実は、「息が余るので、息継ぎをし忘れる」のです。

何だか面白いですよね。

つまり、肺の中の空気がなかなか無くならないので、息を吸う必要がなく、そのまま吹き続けてしまうのです。

すると、新鮮な空気が入ってこないので、クラクラするというわけです。

そこで、オーボエでは不思議な呼吸法が出てきます。

「息を捨てる」のです。

全くのサックス初心者でも、ドレミが読めなくても、サックスを吹くことが先決



もしあなたがサックスを購入して練習を始めようと思ったら、
まず楽器屋さんに行くと思います。

そのとき楽器屋さんで「サックスを見せてください」と言うと、店員さんにこう聞かれます。
「どのサックスをお探しですか?」

実は、サックスにはいくつか種類があるのです。
これをよく“サックスファミリー”と家族に例えたりします。

そこで、そのサックスファミリーの中でも、一般的によく演奏で使われる4種類をご紹介しますね。

高い音が出るものから、
ソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスです。

他にもいくつかサックスはあるのですが、この4種類が基本です。
この中で、テナーやバリトンよりも小さく持ち歩きしやすくて、初心者でも扱いやすいと人気!

それが『アルトサックス』です。

もちろん入門用としてだけでなく、音域(出る音の高さ)も演奏にちょうどいいので、
他のサックスと比べても、もっとも演奏者が多いです。

ウクレレのきれいな構え方を知ろう構え方は最初が肝心。どんな楽器?



レッスン1
ウクレレってどんな楽器?
ウクレレの種類や楽器の部位の名称など、
初めての方がウクレレ選びからスタートできるよう
詳しく解説しています。

レッスン2
ウクレレのきれいな構え方を知ろう
構え方は最初が肝心。変な癖がつかないように
正しい構え方を映像できちんと学んでおきましょう。
色々なパターンで解説していますので、あなたに
合った構え方を知ることができます。

レッスン3
チューニングの手順を
マスターしよう
ウクレレは放っておくと、音が狂ってしまいます。
練習前に狂った音を正しく調節します。
とっても簡単なのですが、知らないとできないことなので、ぜひ学んでおきましょう。

レッスン4
実際にウクレレを弾いてみよう
人差し指1本で押さえる弾き方からスタート。
楽しく実際に弾いてみましょう。
右手も左手もアップで見られるので
弾き方を間近で見ている感覚です。

レッスン5
指1本で歓びの歌にチャレンジ!
年末よく耳にする「第九」と言われる「歓びの歌」
を弾いてみましょう。左手は指1本で押さえるだけなので初めてでも弾きやすい曲です。
まずは1曲弾けたという喜びをぜひ味わってみてください。

ウクレレ 楽器をやりたいけど、大きな音が出るのが心配」という方に



ウクレレは小さな楽器です。
ですから初めての方でも持ちやすく、
弾きやすい楽器なのです。

指を動かす範囲が広くないので、
指の移動もラクラク。
置く場所も取りませんし、持ち運びも軽いです。

体力の衰えを感じる方、女性の方などに特に人気です。 他の楽器と違い、音が大きくありませんので、
ご近所さんの目もあまり気にせず練習できるのが嬉しいところです。

音も穏やかで和みます。

「楽器をやりたいけど、大きな音が出るのが心配」という方にもピッタリの楽器なんです。

チューニングの手順を
マスターしよう
ウクレレは放っておくと、音が狂ってしまいます。
練習前に狂った音を正しく調節します。
とっても簡単なのですが、知らないとできないことなので、ぜひ学んでおきましょう。

売れる商品の写真の要素の一つ、商品の価格以上の価値を感じさせる



売れる写真の要素の一つに、商品の価格以上の価値を感じさせる
ということが挙げられます。

見比べてみると、同じボトルでも全く見え方が違っています。

たったこれだけ、と思われるかもしれませんが、
インターネットでの通販は写真が全てです。

もし、お客様が価格に対して質が悪そうと感じれば、
「高すぎる」と購入しないでしょう。
逆に、価格に対して質が良さそうと感じれば、
「安い」「いい買い物だ」と購入します。

ネット通販などの場合、その質の良し悪しは
ほぼ写真から判断されています。 商品撮影のプロ「高崎先生」は商品を撮るとき、このように撮影されています。

なぜ、プロが撮ると商品の価値が最大限に伝わるのか?
その理由をプロがついに明かします。

あなたも、プロの撮り方を知って外注するよりも、安く、早く、確実に、
自前で商品の魅力が伝わる写真を撮ってみませんか? 専用のスタジオを用意する必要もありません。

なるべく時間と費用をかけずに、そしてカンタンに、
身近な道具だけで、商品の魅力が一番伝わる写真。

そんな写真を撮るためのノウハウをお伝えします。ただ上手に撮れる写真ではなく、商品を売るためには
いくつかの要素があります。

例えば、サプリメントのボトル一つをとってみても・・・

初めてのヴァイオリンレッスン 楽譜が読めないと弾けない 指が動かない



難しい楽器、子供の頃から英才教育でやっている楽器、
といえばヴァイオリンやピアノを挙げる方も多いのではないでしょうか。

その中でもヴァイオリンは難しい楽器と思われている方が
多いです。

その理由は3つ。

1.ドレミの場所が見てすぐわからない
2.楽譜が読めないと弾けない
3.指が動かない

特に1番の「ドレミの場所が見てすぐわからない」という理由が大きいようです。

実際にヴァイオリンを始めても、ここで挫折する方が多いです。
なぜなら、ヴァイオリンという楽器は何も目印がないのですね。

どこを押さえたら良いの?と思いますよね。

例えばピアノなら、 こんなふうに鍵盤が分かれているので
ドレミの場所さえ分かれば、そこを押さえるだけです。

でもヴァイオリンって何も目印がないのですね。
だから難しいと思われる方が多いようです。

ですがご安心ください。
今回ご紹介するヴァイオリンレッスンは、
この問題を一瞬で解決する独自のレッスンになっています。
どんなに初めての方でも、正しい音をすぐに弾くことができるようになっています。

一体どうやって?
答えはこの次にあります。