グラビアヒロイン スティールエンジェル

新聞記者、蔵秋カレンは実は遠い宇宙の果てから飛来したスーパーヒロイン、スティールエンジェルなのだ! 美しい地球を愛してやまないカレンは人類の平和を守るために日々悪と戦い続けていた。しかしそんなスティールエンジェルの活躍を疎ましく思う人々がいた。烈楠財閥の女社長である列楠ルイザは、自分の存在を霞ませるヒロインが気に入らず、自分のしもべにしたいと願っていた。そして、同じようにヒロインの活躍を苦々しく思っている炉伊豆博士の存在を知る。ルイザは炉伊豆博士をけしかけて、ヒロインの弱点を探り出させることに成功する。そして豊富な財力を使い、ヒロインの弱点を取り寄せ、博士に様々な責め具を作らせたルイザはクリスライト鉱石を使ったスティック、スライムなどを使って、弱ったヒロインをさらに責め立て自分に忠誠をつくすように強いる。カレンは苦痛に喘ぎながらも、ルイザの要求を拒む。ルイザは執拗に責め立て、カレンを苦しめ続ける。しかも、かつてカレンが捕まえた悪党2人組みがルイザによって強化人間となりカレンに襲い掛かる。果たしてカレンはこのピンチを脱し、地球の平和を守り抜くことができるのか!

グラドルヒロイン危機一髪!! デザーター 青い絶望

宇宙連邦捜査官のエースである竜崎ランは、捜査官殺しの罪で連邦刑務所に入れられていた。殺人を犯すところを、何人もの人間に目撃されているにも関わらず、殺人を否認するランは、刑務所の中で壮絶な拷問にかけられていた。事実を突き止めるため、決死の思いで刑務所を脱出したランの前に立ちふさがったのは、ランのパートナーだった虎村リオだった。必死に無実を訴えるランだがリオにはその声は届かず、二人は戦うことに…そしてその戦いはランの勝利で幕を閉じ、孤独な逃亡劇は続くと思われた。だが戦いの中で違和感を感じたリオは、ランを信じられなかったことを後悔し、味方となることを決意していた。そのことに気づいたランを陥れた犯人、凶悪犯罪者ジンガ一味は、犯罪者として強化スーツなど戦う術を没収されているランに魔手を伸ばしていた…。