「水戸の梅」は茨城で有名なお菓子。亀じるし 水戸の梅

茨城・水戸の春と言えば「梅」。 季節やわらぐ早春に咲き始める梅の花が、水戸に少し早い春の訪れを告げます。

「水戸の梅」は茨城で有名なお菓子。
上品な味わいの白あんと求肥、蜜漬けの赤しその葉…梅の風味が口いっぱいに広がります。
早春の香りに誘われて、老舗亀じるし「水戸の梅」はいかがですか。

いち早く届く早春の香り。茨城・水戸名物をお届けします。

「水戸の梅」で春を味わう。その魅力とは?

他のお菓子にはない、味わいと食感
「甘すぎず上品な白こしあん」
「もっちりした舌ざわりの良い求肥」
「蜜漬けの甘しょっぱい赤しそ」

丸い梅の果実に見立てた愛らしい姿。 一口大サイズで、巻いてあるしその葉がちょうどよいアクセントです。 あんの甘さと赤しそのほのかな酸味が、絶妙にマッチします。

味わうほどに、ふくよかな梅の花の香りが口いっぱいに広がり、最後には爽やかな風味の余韻が残ります。
ゆっくりお茶といただきたいお菓子です。

「水戸の梅」は茨城で有名なお菓子。亀じるし 水戸の梅

「まるで大トロみたい…!」十勝スロウフード 牛とろフレーク

北海道 十勝スロウフード 牛とろフレーク特集
「まるで大トロみたい…!」 口の中で溶けて、肉の旨味がジュワッ!

アツアツご飯に凍ったままの牛とろフレークをのせてほおばると、口の中でトロトロ溶けて、甘くて美味しい脂で満たされます。
このスペシャルな美味しさが口コミで広がり、テレビでも多数取り上げられている大人気「十勝スロウフードの牛とろフレーク」。

何回でも食べたいリピーター続出!この”キングオブご飯のお供”を、食べずにはいられません!
アツアツごはんの上で、牛とろの脂がじゅわ~っとトロける!
アツアツごはんで、牛とろの脂がじゅわ~っとトロける!

食べ方はすごく簡単。

アツアツごはんに、凍ったままの牛とろフレークをふりかけるだけで絶品「牛とろ丼」のできあがり!

牛とろがまるで雪のように口の中でフワッと溶けてなくなります。
脂がのってるので、ごはん一粒一粒が牛とろの脂にコーティングされてキラキラ輝くほど。食べた後には牛肉の香りがプワッと広がって美味。
もうお箸を持つ手が止まりません!

「まるで大トロみたい…!」十勝スロウフード 牛とろフレーク

銀座の手土産として、今おすすめしたい逸品 銀座 松崎煎餅 江戸瓦 三味胴

東京・銀座と言えば、老舗の名店や百貨店、人気ブランドの旗艦店が並ぶ憧れの街。

職人の丁寧な手仕事により受け継がれている昔懐かしい味わいと、季節に合わせて変わる多種多彩な絵柄。

古き良き銀座の歴史と文化、そして季節の移り変わりが感じられるご贈答にもふさわしい特別なお菓子です。
「江戸瓦 三味胴」シリーズの中でも人気の詰め合わせ「暦(こよみ)」と「道成寺(どうじょうじ)」。

大切な方への時候のご挨拶や手土産に選ばれています。
「春、初夏、夏、秋、冬」 5つの時期で、絵柄が変わります。
「春、初夏、夏、秋、冬」 季節によって絵柄が変わる。

時候のご挨拶に、贈りませんか?
「江戸瓦 三味胴」は、花や動物、旬の食べ物、風景など、日本の四季折々の風物詩、花鳥風月が色とりどりに描かれています。

ただお煎餅を味わうのではなく、四季の移ろいも感じ、楽しむことができます。 絵葉書を送るように、「江戸瓦 三味胴」を時候のごあいさつ代わりに贈るのも素敵ですね。

銀座の手土産として、今おすすめしたい逸品 銀座 松崎煎餅 江戸瓦 三味胴