星間特捜アサルトマン

2020年、地球人類と銀河系ロイツ星との間に惑星間友好条約が締結されて10年が経った。この間に地球には多数のロイツ星人が訪れていたが、それにともない様々な問題が生じていた。 …曰く不法入国、一部のロイツ星人による様々な犯罪、テロ、ロイツ星人が持ち込んだペットが野性化し怪獣となり、街を破壊し被害を及ぼすなどである。これらの事態に対処するため日本政府は特務機ASSAULTを結成。

コメントを残す