小玉スイカは大玉スイカが小さくなったものではなく、品種改良の新しい品種

ビニールハウスでの温度調整ができるようになり、一年を通して食べられるようになったスイカ。

熊本県ではビニールハウスでうまく寒暖の差を大きく調節できる春~初夏がまた特別に美味です。おいしいこの季節のスイカを産地から直送便でお届けします。

小玉スイカと黒小玉スイカはどう違う?

そもそも小玉スイカは大玉スイカが小さくなったものではなく、品種改良の結果生まれた新しい品種のおいしいスイカです。

小玉スイカには見た目が大玉スイカがコンパクトになったようものと、表皮が真っ黒な黒小玉スイカがあります。違う味がするように見えますが、実は味は変わりはありません。

小玉スイカの最大の特徴はその大きさ。一人暮らし用の小さな冷蔵庫にもすっぽり入るかわいいミニサイズでさっと冷やして食べられます。重さは大玉スイカが5~7kgあるのに対して、小玉スイカは1.8~2.5kg程度です。独身、二人家族など少世帯向けの食べきりサイズのシャレた贈り物なら小玉スイカ、ぜひ一度お試しください。

コメントを残す