ベルンハルト大尉が戦場で孤立していた戦術機を発見

異星起源種BETAの侵略を受け、東ドイツは絶望的な消耗戦を強いられていた。

そんな状況下で『東ドイツ最強』と名高い、第666戦術機中隊「黒の宣告」に所属する

テオドール・エーベルバッハ少尉は国家も人も信じず、
ただ己が生き残るために戦い続けていた。

そんなある時、中隊長のアイリスディーナ・ベルンハルト大尉が戦場で孤立していた戦術機を発見。

そこで衛士の少女カティア・ヴァルトハイムを救出する。

そして西ドイツから来た少女カティアは東ドイツへ亡命を希望し、第666中隊への編入を願い出た。

ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

45 thoughts on “ベルンハルト大尉が戦場で孤立していた戦術機を発見”

コメントを残す