祝姫(いわいひめ)

煤払家の男子は代々、一定の歳を迎えると親元を離れて独り立ちする。

そして誰にも頼らずに心身を鍛え、それを以て一人前と認められたそうだ。

だからこの日に備え、一人で生活する為に様々なことを身に付けてきた。

県立須々田高校。そこが僕の新しい学校だ。
本当なら、2年からの転校ではなく、1年の時に入学する予定だった。

高校での毎日は、気楽なだけでなく、とても快適。
誰もが楽しげに過ごす2年A組。

しかし、彼女。黒神十重(クロカミトエ)。

彼女は、不思議、……という言葉だけでは説明のつかない少女だった。

One thought on “祝姫(いわいひめ)”

コメントを残す