勤めて1年以内に辞める新卒看護師の割合も2011年度では7.5%



勤めて1年以内に辞める新卒看護師の割合も2011年度では7.5%と高い数値をたたき出しています。

ではなぜここまでに看護師が離職してしまうのでしょうか。

■結婚・出産

これは看護師以外の職業でもいえることですが、結婚に伴った旦那の転勤や、出産・育児に専念するため一度職場を離れざるを得ない状況です。システムが整った病院では、妊婦でも働きやすいようリーダー業務やデスクワーク、短めの日勤など様々な働き方ができますが、余裕がない病院では、妊婦看護師に対する配慮がなく早々辞めてしまう看護師がいるのも現状です。 ■女性特有の人間関係

女性が多くを占める職業ですから、集団でのいじめや悪口、新人を狙った八つ当たり、師長に気に入られなければ休みが取れないなど、理不尽なことが山ほどあります。もちろん病院や部署によって雰囲気もがらっと変わりますが、一度こじれた人間関係を修復することは大変困難を極めます。人間関係が良ければどんなに仕事がきつくても乗り切れるので、人間関係は大事にしたいところですね。

■夜勤が合わない

有床病棟では夜勤があります。徐々に慣れていくものですが、どうしても体に合わず体調を崩してしまうことも。日勤だけのクリニックなどに転職する看護師も多くいます。

看護師の転職・退職理由の書き方

転職する際の志望動機、退職した理由は最も重要視されるポイントです。熱意や誠意があっても、それを上手く言葉にできなければ評価は下がり採用されないことも。履歴書で注意したいポイントを以下にまとめます。

ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

コメントを残す