NHKスペシャルでは外から取り入れた乳酸菌は定着することが出来ず、排出



NHKが衝撃の放送!「ヨーグルト」や「乳酸菌」の真実…
常識を覆す研究結果とは

最近の研究結果では、腸内で「悪玉菌」の割合が多くなると “便秘” や “軟便”、さらには “自分の臭い” にまで影響を及ぼすことが明らかになっています。

NHKスペシャルでは外から取り入れた乳酸菌は定着することが出来ず、「数日で排出される」と驚きの結果が報道されました。

「生きた乳酸菌が腸までとどく」というフレーズが、実際は生きて届くものの、すぐに排出されるので「通過菌」と呼ばれています。

腸の健康法 として本当に大事なのは、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」を外から摂り入れるのではなく、自分にもともと住んでいる善玉菌を守り、育てる事。

つまり、健康の決め手とされる「腸活」は、いろいろな菌をとる「菌活」から、自分の善玉菌を守り育てる「育菌」という考え方が新たに注目されている。

そこで今、「菌を育てる」ことをサポートする成分として話題になっているのが
『 乳酸菌発酵エキス 』というもの。

世界初の合計56種類!
なぜこんなに菌種が多いの? ヒトの体内に棲んでいる善玉菌は数十種類以上です。

たった数種類の乳酸菌ではたくさんの善玉菌が棲んでいる体内環境に適応できないからです。

ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

コメントを残す