美容師は創る事こそがプロなんです。どうすれば綺麗になって長持ちするのか?

美容師は髪(髪質)を創る事はプロ。

美容師は髪(髪質)を創る事はプロ。

あなたも経験あると思いますが、美容室でトリートメント、ブローする、
いかがですか?

その時はしっとり艶サラな経験があると思います。帰り道もつやサラ髪にルンルンで、それを自宅でやってもなかなか綺麗にならない?何が違うんだろう? そうなんです、美容師は創る事こそがプロなんです。

では、その奥義を披露しましょう。↓最後までじっくり読んで頂ければ、必ずきれいな髪を創れるようになれます。
髪をきれいに創る、

ビビリを修正するボサボサをきれいにする、さらに長持ちするスタイリング、、、これらは全て同じ理屈。

例えば
パーマのスタイリングでも、朝からバサバサの乾いた髪に一生懸命アイロンを当てる、カーラーで巻く、逆に、湿してから、すぐにカーラーを巻くおかしいですね???

では、
ビビリ毛ボサボサ状態の手入れはいかがでしょう。朝から、ボサボサ状態をきれいにしようと乾いた髪を180度のアイロンでしっかり伸ばす、反対に湿った状態にアイロンを当てる。

これらは全て間違いです。

しなやか艶サラとはならないでしょう、また綺麗になったとしてもその持続性は無いでしょう。1時間もしないうちに戻ってしまう、な~んて事にも。髪をきれいにしようとしながらバリバリ髪を傷めてしまうという事に。

では、何が間違いで、
どうすれば綺麗になって長持ちするのか?

コメントを残す