家族やあなたを守る「アルコール感受性遺伝子」の検査



ご自身のアルコール体質を遺伝子レベルで知ることにより、単にお酒が強い (飲める)、弱い(飲めない)を判断するだけでなく、『どんな体質なのか?』 を理解し、『飲酒による健康障害のリスク回避』にお役立てください

アルコールにまつわる
疑問を解決!

お酒は鍛えれば強くなる?
お酒の強い人は依存症にならない?

アルコールに関する「常識」「風潮」は本当に正しいのでしょうか?

一人一人の酔っ払いやすさ、二日酔いのなりやすさなどは、かなりの程度、遺伝的体質で決まります。

そして上記のように、お酒に対する体質は、検査しなくても飲めば分かるのではと思われる方が多いのではないでしょうか?それは、大きな間違いです。

若い方は、飲酒の経験も、アルコールの知識も少なく『お酒とは、飲んだら誰もが酔ってしまう』と思い込んでいる方は多いと思います。

「遺伝体質」を知り、「適量飲酒」を心がけることで、「病気のリスク」 を下げることが大切です。

適量を守れば、お酒は健康を後押しします。
家族やあなたを守る「アルコール感受性遺伝子」の検査をおすすめします。

妊娠を希望している女性や妊娠期の栄養など、様々な病気の予防



なぜ、「葉酸」が大切?

葉酸とは…
葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミン。

緑黄色野菜や豆類、レバーなどに多く含まれ、妊娠を希望している女性や妊娠期の栄養など、様々な病気の予防のためには欠かせない栄養素です。

最近「注目」されている理由…
最近の研究では、葉酸が不足するとホモシステイン(悪玉アミノ酸)という物質が増加することがわかってきています。

ホモシステインが増加すると、血管壁に衝突して傷つけてしまい、動脈硬化を誘発してしまうおそれがあります。

葉酸は、ビタミンB6、B12が協力して、同じようにホモシステインを他の良いアミノ酸に変え、動脈硬化になるのを抑える働きがあります。

成人、小児モードの切り替えやオートボリューム機能等が特長



AEDコム取扱いAED(CU-SP1)の製品。CU-SP1(シーユーエスピーワン)は、成人、小児モードの切り替えやオートボリューム機能、分かりやすいステータスインジケータ等が特長の最新AEDです。

減らせ突然死、チバテレ、いっぷく、常磐自動車道、週刊ダイヤモンド、MIKITOプロジェクト,東日本大震災復興支援チャリティーミュージックフェス~ 絆~ 2015

見積もり即日発送。
まずはお問い合わせを!!
  

■見積もり満足度97%の納得価格。   
■上級救命講習修了者が対応。   
■AED本体5年間保証!

AEDは、高度管理医療機器、特定保守管理医療機器です
日常点検を忘れずに!

AEDは救命処置のための医療機器です。
AEDを設置したら、いつでも使用できるように AEDのインジケータや消耗品の有効期限等を 日頃から点検する事が重要です。

医療機器承認番号 : 22100BZI00022000、22500BZX00338000