亀頭と包皮の間で雑菌が繁殖し、性感染症や包皮炎、陰茎ガンなど



 包茎の状態は亀頭と包皮の間に分泌物が多い環境である為、  不衛生で細菌による感染症等を引き起こしやすいのです。

尿や精液などの残留により恥垢が溜まり、悪臭の原因となります。
亀頭と包皮の間で雑菌が繁殖し、性感染症や包皮炎、陰茎ガンなどのリスクが高まる。

コンプレックスとなり、EDの原因となるケース
被っている状態なので亀頭が成長しない可能性。
刺激に対して過敏で早漏の方が圧倒的に多い。

世界初の純国産の月経カップ!



素材にこだわりぬいて製品開発に取り組んだ結果、べたつきを極力押さえ、静電気も発生しづらくホコリも付きにくい月経カップを実現することができました。

同梱されているケースや手袋なども含めて、衛生的に利用できるパッケージになっています。

脱着する時にカップから経血が漏れないようにするため上部に羽が付いています。

羽の分の厚みを持たせることでカップが広がる力を強くし、膣内でしっかり広がって漏れを防止。

経血を捨てやすくするために、羽にくぼみを作っています。

必ずしも白内障=手術ではありません。



やっぱり白内障には手術が必要ですか

必ずしも白内障=手術ではありません。
手術は感染症や視力の低下など、さまざまなリスクを伴うので、最後の手段です。

手術をすれば見えるようになりますか?

手術をすればほとんどの場合は見えるようになります。
しかし、レンズ選びや医者の選択をしなければならず、副作用を引き起こす可能性や、数ヶ月〜数年後に再び濁る後発白内障になる可能性があります。

手術後の合併症はありますか?

手術の影響で合併症を引き起こす可能性は0ではありません。
眼内出血や網膜の腫れ・剥離の発生などが稀に起こります。また、手術から数年後に、再び濁ってしまう後発白内障になる可能性がございます。後発白内障を発症するとレーザー等の再治療が必要となります。