男性から自分がどう見られているか

気になる人・好きな人ができると、相手も自分のことを好きになってほしいというのは、自然な感情です。そのような時は、男性から自分がどう見られているか、意中の人の目にどう映っているか、とても気になります。

一人の異性として、自分のイメージを相手に印象付けるために、服装やメイクを変えたり努力したことはありませんか?髪型をいきなり変えると少し照れることも。 さりげなく相手に気づいてもらえれば…。

家に泊まっても何もしない冥

家に泊まっても何もしない冥。 私にもっと魅力があったらと考えていた樹里は恋が成就するとネットで評判のお店に行き… 遠距離恋愛で彼に会えない寂しさから、ピンクローターを通販で購入したユウ。
久しぶりの彼とのエッチで、ピンクローターを差し出すと彼は…… 「私って不感症かも」…そんな悩みを抱える由香里は、ある時、感度を上げるためのある方法を耳にする…
もっと感じる為のレッスンスタート♪

シンデレラになる方法

冴島紀華、王子との恋を夢見る27歳。
図書館の司書をしている彼女の仕事は蔵書の整理保管やデータベース作り。 地味な仕事といわれるけど、大好きな本に囲まれて充実は日々を送っていた。
シンデレラストーリーが私を待っている、といつも本気で思っていた紀華は、火曜日と木曜日に現れる彼・三木純一のことを 「カモク王子」と呼んでいて…!?
そんなとき、突然現れた謎の男によって地味な生活が一変してしまうことに…!

官能小説やエッチ漫画作品が全て無料

女性の為の官能サイト「LCスタイル」では女性向けの官能小説やエッチ漫画作品が全て無料で読み放題! 他にも動画やボイスコンテンツなどコンテンツが盛りだくさん!

毎週火曜日に官能小説、木曜日には漫画を公開しています。ドキドキする官能の世界に浸ってみませんか?

アンダーヘアのダメージって…?

アンダーヘアのダメージって…?お手入れは?

髪の毛のまとまりからぴょこん&ツンツン飛び出ているダメージヘア。気になって、仕事中も暇を見つけてついついチョッキンチョッキンしちゃったりしませんか?

先日、どうやらそれが気になってたまらないK子が、お化粧直しのトイレタイムで鏡とにらめっこしながら枝毛や痛んだ毛をチョッキンチョッキン。

で、つぶやいたのが、 「思うんですけどアソコの毛って、全部ダメージヘアですよね?!」。
衝撃的! でも、それ事実! 一瞬にして場はその話題で持ちきりに…。

ベッド専用感じるコスメ

リュイール』は、女性の一番デリケートな感じるところに塗って、優しくマッサージして使用する「ベッド専用感じるコスメ」です。

潤い不足による「性交痛」のお悩みや、ベッドで感じ方を変えたいときなどにご利用ください。

普段のお化粧、気分次第でアイラインの色を変えたり、グロスの種類を変えたりなど。女性にとってメイクをすることは、楽しみの一つでもありますよね。

そんな風に、ラブタイムを演出できたら・・・?!
そして、挿入時の痛みを簡単にケアすることができたら・・・!?

女性のキレイを磨くための新しい感覚

ラブグッズとは、女性のキレイを磨くための新しい感覚のセクシャルな商品のことを言います。LCのラブグッズである、美しいバイブや可愛いローターなどは、女性スタッフが開発しているので安心できる女性

彼が抱きしめたとき、『頭皮の臭い』が気になる

彼が抱きしめたとき、『頭皮の臭い』が気になる
ここ最近、20~30代の女性からの『毛髪・頭皮に関するお悩み』が増えています。 中でも目立つのが『頭皮の臭い』です。 たとえば、このような悩みをLCカスタマーセンターでは受けています。

風がふいたとき、自分の髪のニオイが臭かった気がする…
シャンプー後すぐのドライヤーの際に臭う。しっかり洗っても気になります
仕事で帽子をかぶるので、汗をかいて蒸れた時
枕の臭いをかぐと、男性のような臭いが…

また、男性を意識した意見も。『彼が抱きしめてくれるとき、ちょうど顔が私の頭にくるので、頭皮の臭いが大丈夫なのか心配…』というものもありました。

そう言えば、男性の鼻は、女性の頭の位置にくることが多いですよね。こちらが知らない間に、『頭皮の臭い』を感じているかもしれません。これは気になりましたので、男性に意見を聞いてみました。

心と体が『とろけ合う瞬間』

トロケアウ瞬間ってどんなとき?
ラブシロップでおいしいセックス!

大切なパートナーと心の底から『とろけ合うとき』って、どんなときだと思いますか?

久々に会って、お互いを求めてHをしたとき。喧嘩をして、仲直りした後のセックス。いつもと違うシチュエーションで、刺激的な時間を過ごしたとき…。

人それぞれ様々なシーンで、心と体が『とろけ合う瞬間』というものを経験していることでしょう。

それは、ただ単にいつもと同じように『セックス』したときではなく、何か特別なことがあったとき。2人の気持ちが一緒になって、お互い体を求め、何かに没頭したときに感じることが多いでしょう。

たとえば、こんな時はどうでしょうか?

ガールズレッスンで感じやすい体に

自分のカラダ、本当に感じやすいのでしょうか?
ガールズレッスンで感じやすい体に

自分のカラダは、どのくらい感じやすいですか?また、自分の気持ち良いところをどれだけ知っていますか?

そして今後も、今の感度のままで十分に満足でしょうか?

『イク』『イカない』もそうですが、自分の『感じているレベル』について、疑問を持ったこともあるかと思います。

『感じる体』に関するこのような疑問をもとに、実際に多くの女性はどんなふうに感じているのか、アンケートなどから読み取ってみました。