銀座の手土産として、今おすすめしたい逸品 銀座 松崎煎餅 江戸瓦 三味胴

東京・銀座と言えば、老舗の名店や百貨店、人気ブランドの旗艦店が並ぶ憧れの街。

職人の丁寧な手仕事により受け継がれている昔懐かしい味わいと、季節に合わせて変わる多種多彩な絵柄。

古き良き銀座の歴史と文化、そして季節の移り変わりが感じられるご贈答にもふさわしい特別なお菓子です。
「江戸瓦 三味胴」シリーズの中でも人気の詰め合わせ「暦(こよみ)」と「道成寺(どうじょうじ)」。

大切な方への時候のご挨拶や手土産に選ばれています。
「春、初夏、夏、秋、冬」 5つの時期で、絵柄が変わります。
「春、初夏、夏、秋、冬」 季節によって絵柄が変わる。

時候のご挨拶に、贈りませんか?
「江戸瓦 三味胴」は、花や動物、旬の食べ物、風景など、日本の四季折々の風物詩、花鳥風月が色とりどりに描かれています。

ただお煎餅を味わうのではなく、四季の移ろいも感じ、楽しむことができます。 絵葉書を送るように、「江戸瓦 三味胴」を時候のごあいさつ代わりに贈るのも素敵ですね。

銀座の手土産として、今おすすめしたい逸品 銀座 松崎煎餅 江戸瓦 三味胴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です