手軽に拭いて流せる『ジャムウデリケートウェット』

女性の悩み、手軽に拭いて流せる『ジャムウデリケートウェット』

2008年に限定発売した『LCジャムウ・デリケートウェット』が、今年も多くのリクエストにお応えして復活いたしました。

おりもののムレや臭いなど、不快な気持ちは一年中気になる女性特有のお悩み。この『LCジャムウ・デリケートウェット』は、デリケートゾーンの悩みをサッと拭いて、トイレにそのまま流せるのが最大の魅力です。

黒ずみ、ニオイをケア。洗って、素肌スッキリ

ジャムウ・ハーバルソープ

インドネシアで生まれたジャムウの石鹸です。泡たてネットなどで立てたふんわり泡を、カラダの気になる部分にのせて、3分パック。黒ずみ、ニオイをケア。さっぱりと洗って、素肌スッキリ。

植物由来の成分で作られた石鹸なので、デリケートな肌の方でも安心してお使い頂ける優しいボディケア石鹸です。全身にご利用いただけます。女性らしさに磨きをかけて、ワンランク上の輝く素肌を手に入れたい全ての女性にお勧めしたい、LC人気ナンバー1商品です。

グッズを使うとどんないいことがあるんだろう?

ラブグッズの歴史はとても古く、日本最古のラブグッズはなんと飛鳥時代。遣唐使が持ち帰った青銅製の献上品にふくまれていたといわれています。奈良時代に入ると、「張り型」という、今で言う所の「ディルド」が登場したそうです。この「張り型」は…はじめてイロハなど、ラブグッズを使用したい!使う前と使った後の違いって?

ラブグッズを使ったことがない人は、「グッズを使うとどんないいことがあるんだろう?」と疑問を持つかもしれませんね。もしかしたら「今のままで充分気持ちいいから必要ないわ」と感じているかもしれません。けれども

平安時代の結婚とセックスはどんなものだったのか?

経済とセックスの移り変わり1 平安時代の結婚とセックス

経済とセックスの移り変わり2015.08.31

平安時代の結婚とセックスはどんなものだったのか?世界初の恋愛心理長編小説「源氏物語」が生まれた時代の女性は大胆だった!セックスよりデートのほうが恥ずかしい!?結婚できるか可能性は3日間連続●●で決まる!?日本の歴史から現代性事情のルーツを探るコラムが解禁!

彼の加齢臭が気になりはじめたら…

彼の加齢臭が気になりはじめたら…
加齢臭が気になる?

LCに寄せられるお客様からのメールで、気になるものがあります。それは、彼がある一定の年齢に達してから、『加齢臭が出てきていて困っている』との相談。中年男性の、あの独特の臭いは、女性としてはちょっと気になりますね。

通勤電車では、ヘアトニックの香りや前日の焼肉などが一緒になって、朝から大変です!その臭いが、彼から出てきているとなると、それは大問題。なんとかしなくては!出ているかのチェックとして、彼の衣服から青臭さと脂臭さの臭いがしたら、加齢臭を疑ってみてもいいかもしれません。

ですが、ちょっとした工夫で簡単に対策できるんです!年齢による臭い、加齢臭の原因をしっかり探り、予防対策をしっかり行って、彼をあの加齢臭から、守ってみましょう。

彼は、体の美しさに気がつき…?

愛し合うセックスができるって幸せ…

愛し合うセックスってどんなセックス…?

一時はセックスレスになるも、何とか自分磨きでセックスレスを解消した奈由香。しかしまだまだぎこちない状態は続き…。 そんな時、彼と旅行に出かけることに。 偶然奈由香の裸を目にした彼は、体の美しさに気がつき…?

磨き続けてきた体と、「ラブコスメ リュイールホット」が彼の愛情に火をつける!

ガールズレッスンで感度アップ

相手任せじゃありませんか?
ガールズレッスンで感度アップ

このようなコメントを見ていると、女性のカラダは感じやすいことがわかります。すると、ある思いが込み上げてきました。自分の体は、自分が考えている以上に、もっと感じやすくなるのではないだろうか…と。

しかし、実際はどうでしょう?パートナーとのセックスのとき、もっと感じたい、もっとイキたいと思ってはいるものの、『感じる』という行為を相手任せになっていることが多いです。

可愛い印象に見られたい…という女性に。

香る髪は、彼との距離を縮める?!

最近同棲をはじめ、節約生活を送っている愛美。
そのせいもあってか、ほぼスッピン・服は地味・髪はギシギシぼさぼさ状態。
今週末は彼の同僚が遊びに来るのに、このままじゃまずい!!

そんな風に感じていた愛美はインターネットで偶然
ヘアパフューム「ナデテ」と出会う。
『女性らしく清楚に見られたい、可愛い印象に見られたい…という女性に。』
といった商品紹介を見てぴんと来た愛美は、早速購入することに。

いよいよ、当日。彼の同僚が家にやってきた!
愛美がヘアパフューム「ナデテ シャボン」を付けて顔を出すと…?!

彼とのラブタイムを復活させたい!

まじめな彼がHはお勉強をしようと言い出し…?!

彼と同棲して一年、資格試験で忙しい彼とはセックスレスの日々…。
忙しいのは仕方がないけれど、できれば彼とのラブタイムを復活させたい!

セックスレスを解消するためには、どうしたらいいんだろう・・・?

そんな気持ちでバイブやローターなどの
ラブグッズの通販サイトを見ていると、
その姿を偶然彼に目撃されてしまう。

彼からは「興味あるの?」と聞かれるが、
恥ずかしさのあまり「たまたまたどり着いただけ!」
ととっさに言ってしまい…?

2人でもっとこうなってみたい!

あんなこと、してみたい…!エッチな願望はありますか?

あなたは今、自分自身のセックスについて『もっとこうしたい』『2人でもっとこうなってみたい!』という願望はありますか?今のセックスに特に大きな不満はないけれど、何度か経験すると、違った願望が出てくるのはよくあることです。

ただ、自分以外の人はどうなのか…実に気になるところです。そこで、このようなアンケートを実施してみました。