不動産売買の仲介手数料が最大無料、半額!

中古マンションや不動産を高く売りたい売主様と、少しでも安く買いたい買主様の希望は相反します。
REDS(レッズ)では、「どちらか一方に徹したエージェント制」を採用することにより、売主様の「早期高値売却」、買主様の「理想の物件を少しでも安く」を純粋に追求します。

不動産会社を通して中古マンションや不動産を売買すると、3%+6万円の仲介手数料が発生します。

REDS(レッズ)では、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフのみでの運営と、店舗費や広告宣伝費の削減により、仲介手数料の【最大無料】を実現しました。

不動産会社を通して中古マンションや不動産を売買すると、3%+6万円の仲介手数料が発生します。

REDS(レッズ)では、資質と経験を兼ね備えたベテランスタッフのみでの運営と、店舗費や広告宣伝費の削減により、仲介手数料の【最大無料】を実現しました。
上場企業グループ会社のREDSにすべておまかせ

REDS(レッズ)は、東京証券取引所第一部に上場する 株式会社ヒノキヤグループのグループの企業です。上場企業グループの安定した基盤を活かして、中古マンションや不動産の紹介から住宅ローン、法律・税務の専門家ネットワークを駆使したアフターフォローまで、お客様の不動産の売買を、最初から最後までサポートいたします。



家具・家電付きで、東京都内の女性専用シェアハウス!

ご入居頂いた月の家賃・共益費全額を無料にします!

適用条件
① 6ヶ月以上の入居希望の方
② キャンペーン物件にご入居されること

キャンペーン② 賃料3万円台キャンペーン!
賃料3万円台キャンペーン!

適用条件
① 4ヶ月以上の入居希望の方
② キャンペーン物件にご入居されること

エリアから探す

渋谷から20分圏内の物件をさがす
渋谷から30分圏内の物件をさがす
渋谷から40分圏内の物件をさがす
新宿から20分圏内の物件をさがす
新宿から30分圏内の物件をさがす
新宿から40分圏内の物件をさがす
池袋から20分圏内の物件をさがす
池袋から30分圏内の物件をさがす
池袋から40分圏内の物件をさがす
品川から20分圏内の物件をさがす
品川から30分圏内の物件をさがす
品川から40分圏内の物件をさがす
東京から20分圏内の物件をさがす
東京から30分圏内の物件をさがす
東京から40分圏内の物件をさがす

【トラブル0】ハナサカスはシェアハウスです。
家具・家電付きで、トランクひとつで楽々お引っ越しできます。
入居前に面接することで、安心のシェアハウス生活を送れるようにします。



初期費用0運営費0のコインパーキング 自宅の空き駐車場で1台から始める

ネットでかんたん登録!

登録料は一切かかりません空いた駐車スペースにカラーコーンを置くだけで
始められるコインパーキング
それが、スマートパーキングです。

スマートパーキングなら、車一台分のスペースから始められるので、 あなたの大切な土地を汚すことも、傷つけることもありません。
もし、運営中に他の用途で使うことになっても、すぐにやめることもできます。

もちろん費用は一切かかりません。

あなたの負担は全く0 で始めることができます。
スマートパーキングならそのようなスペースを、 お小遣いを生み出す時間貸し駐車場に変えることができます。

駐車スペースに傷をつけることもありませんし、 何か大きなものを建てたり置いたりする必要もありません。

長期休暇、子どもたちの帰省に合わせて、スマートパーキングを中止し家族の駐車場にするのことも、 お客さんが来訪されるときだけ、スマートパーキングを中止し来客用駐車場に変えることも、 家族が仕事に行っている曜日、時間だけスマートパーキングにすることもカンタンです

スマートパーキングの特徴の一つは、
いつでも始めることができて、
いつでもやめることができることです。



月額定額のカーリース 車を持つならネットで割引、サポート充実

月額定額で新車に乗れる
国産全車種、メーカー保証付きのディーラー新車を月額定額でお届け

税金コミの料金体系
頭金、ボーナス払い不要、法定費用などを含めた設計

整備費用も安心の月額払い
メンテプランに加入すると整備費用まで月定額に

スズキ ワゴンR
17,064円〜/月

走行そして安全性能でさらに進化したハイトワゴンのパイオニア
ホンダ N BOX
2
ホンダ N BOX
19,656円〜/月

スーパーハイトワゴンのみならず軽自動車全体をリードするベストセラー

【ニューモデル速報】「トヨタプリウス」マイナーチェンジで外観を大幅変更

ハイブリッドを、というより日本を代表するクルマ、トヨタプリウスが2018年12月17日、初のマイナーチェンジを受けた。

賛否の多かった外観は大幅に手直しされ、内装や安全装備などのアップデートも行なわれている。

今年上半期登録車の販売台数で首位から転落していたプリウスだが、これで王座奪還となるのであろうか。