後継者探しに困ったら事業承継センター
※本サービスは新規事業提案制度から生まれたサービスで、
 継続は一定の期間をもって判断されます

事業承継時にはどんな選択肢があるの?

事業承継を検討する際には、下図のように大きく4つの選択肢が存在します。

一昔前は、殆どの中小企業では親族、もしくは社長の右腕のような社員に引き継ぐことがメジャーな方法でした。

時代や状況の移り変わりに伴い、事業承継のスタイルも変わってきています。

「後継者問題の解決」
「従業員雇用の維持」
「創業者利益を得られる」

という理由から、M&Aによる承継が増えています。

しかし、仲介会社とのトラブルなどにより、うまく進まないケースも・・・。

事業承継総合センターではM&Aの品質担保や売主様に安心いただける様々な取り組みを行っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です