分子標的薬は副作用が少ない 前より抜け毛が増えたと思ったら

薄毛の原因のひとつは脱毛因子「FGF-5」が
毛根に早期に働きかけ毛周期が短くなり髪がしっかりと
成長しないうちに脱毛してしまう事によると考えられています。

脱毛因子のFGF-5が早期に
働いてしまうと毛周期が短くなり
脱毛の原因になることもあります。

脱毛因子のFGF-5を
抑制することで毛周期が長くなると
考えられています。
病気の原因となっているタンパク質の働きを抑えることにより病気を治す治療薬は、分子標的薬と呼ばれています。

分子標的薬は副作用が少ないことから、次世代の医薬品としてとても期待されています。

髪は「退行期・休止期」の3~4カ月をかけて抜けていきます。

脱毛信号を受けた髪の脱毛を止めることはできません。
そのためまだ脱毛信号を受けてない髪の成長期を長くし、
髪を抜けにくくするためには「退行期・休止期」の日数以上、
つまり約3カ月は使い続けないと効果を実感しにくいのです。



コメントを残す