相続人に行方不明者がいると、遺産分割が出来ない



身内や親族の方が亡くなられると、遺産相続が発生します。
しかし、相続人の中に行方不明者がいると、

遺産分割がスムーズに進めることが出来ないという問題が起こります。

その他の相続人だけで行った遺産分割協議は無効となってしまいます。

遺産分割協議は相続人全員の同意が必要なので、行方不明者がいても、死亡していない限りはその権利を無視することはできないのです。

たとえ資料・情報がそれほど揃えられなくても、自分で捜し尽して発見できなくても、あきらめないで当社にご相談なさってみてください。

他社を圧倒する組織力と調査技術で、行方不明者を捜し出し、スムーズな相続を実現できるようお力添え致します。

また、行方不明者を探しだし、代わりに署名捺印をもらってくる代行なども行っております。ぜひご相談ください。

相続

コメントを残す