英語が聴きとれ、聴いた順に理解できるようになったら、次は話す為の練習が必要。



見ながら発音
聴覚、視覚、発音を一致させる

見る 聴く 話す

英語が聴きとれ、聴いた順に理解できるようになったら、次は話す為の練習が必要です。バットの素振りと同じ様に、実際に口を動かす練習をすることで、音と文字そして発音のすべてを一致させます。

話せるようになるためには、英語が聴き取れるようになった後で発話練習をすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。