取引先が倒産した場合でも支払義務は生じないファクタリングは売掛金を売買する取引



入金前の売掛金を売却して資金を調達できる

ファクタリングは支払いサイトの長い入金前の売掛金を売却することにより、入金日を待たずに資金化ができますので、金融機関の融資や借入に依存することなく資金調達を行えます。また売掛債権担保融資(ABL)とファクタリングは性質が似ておりますが、大きな違いはファクタリングは融資とは異なり、売掛金の売買で商取引となる点です。

金融機関の融資とは異なり信用情報に影響しない

通常、銀行やノンバンクなどの金融機関や公的機関の融資制度を利用する際には、信用情報機関に融資を受けた記録が登録されます。その登録されたデータを基に金融機関などは融資の審査を行いますが、ファクタリングの場合は金融機関の融資とは異なりますので信用情報機関に融資を受けたという記録は残りません。よって将来的に借入をご検討の場合でもファクタリングは信用情報に影響が出ません。

取引先が倒産した場合でも支払義務は生じない

ファクタリングは売掛金を売買する取引のため、取引先が倒産した場合や売掛金の入金がなされなかった場合でも、売掛金を売却されたお客様にはファクタリング会社に対して支払責任が生じません。売掛金の売買契約上、償還請求権が発生しない取引(ノンリコース)となりますので、万が一の場合でもその責任は全てファクタリング会社が負います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。