交通事故の慰謝料交渉 交通事故の慰謝料交渉に強い弁護士事務所

慰謝料というのは精神的な苦痛をお金に換算するものなので、それを明確に表すのは難しいです。

そこで、通常は慰謝料を算定する際には「算定基準」というものを用います。
保険会社と弁護士ではこの「算定基準」が違います。

「裁判基準」の3種類になります。

自賠責基準 
法令で定められた最低限の基準

任意保険基準
保険会社独自の基準(各社違います)

裁判基準  
過去の裁判の判例などを基にした基準

3つの基準がそれぞれ想定する賠償金額が異なることは意外と知られていません。以下のグラフはそのイメージになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。