「知識・情報・経験」がない状態の会社を売る側は、損をする場合が多い



会社を売るのは、一生に一度あるかないかのレアケースです。

一方、会社を買う側は、いくつものM&Aを経験しているので、交渉などの経験値に圧倒的な差があります。

そのため「知識・情報・経験」がない状態の会社を売る側は、売り手市場にもかかわらず損をする場合が多いです。

知識がないまま会社売却を進めると、2億円で売れる会社を5,000万円で売却 2億円で売れる会社を5,000万円で売却 結局、会社が倒産してしまった

損をするばかりではなく、
あらゆる方面に迷惑をかける可能性も。

会社売却を依頼する
M&A業者の選び方
~多くの経営者が「仲介会社」ではなく、
「アドバイザリー会社」の方が高く売れることを知らない~

ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

コメントを残す