短期間で多くの子どもたちが英語を話せるようになってしまったのはなぜなの



短期間で多くの子どもたちが英語を話せるようになってしまったのはなぜなのでしょうか。

実は「あるポイント」を抑えると、ほとんどの場合、
1ヶ月〜3ヶ月程度で英語を話し始めるようになってしまうのです。 お子さんがもともと持っている「バイリンガル・スイッチ」を入れてあげる。

たったのそれだけで良いのです。

しかも、その「バイリンガル・スイッチ」は、どんな子どもでも必ず持っています。

それではその「バイリンガル・スイッチ」を入れるには
どうしたら良いのでしょうか。

実は、お子さんのバイリンガル・スイッチを入れるために、
親であるあなたが英語を話せる必要もなければ
お子さんに英語を教える必要もありません。

あなたはお子さんに“しちだの魔法ペン”を持たせて
自由に遊ばせてあげるだけで良いのです。

ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

コメントを残す