L’Etrog

ARQUISTE L’Etrog (レ・エトログ)オードパルファム香りの背景は1175年10月、イタリア カラブリア中世のカラブリアでは豊作を祝うために家族が集いました。ヤシの葉とその他の小枝で作った小屋はアロマが豊かに香っていました。 この地方の名産であるEtrogという柑橘類の香りは空気を明るくし、マートル(銀盃花)が引き締め、青々としたデーツ果が地中海の夜の甘さを織り込みます。 第一次十字軍の戦いで南イタリアはノルマン軍に降伏し、カラブリアのユダヤ人たちはこぞって農作物の交易に従事しました。12世紀にはそのコミュニティは繁栄の時を迎えます。以来、ディアマンテ・シトロンまたはEtrogの収穫はこの地方の伝統として維持されています。Etrogをエデンの園の果実として捉える宗教的な解釈があります。Etrogは「天国の香り」と称され、正義・善良さ・望ましさを表わすとされています。マートルの活発な香りは瑞々しく緑豊かなヤシの葉を開いたような香りと結びついています。また予想外のアクセントとしてスマーナのデーツ果とレバノンの杉も一役買っています。ノーツ:カラブレーゼセドラ, マートル, デーツフルーツ, ベチバー2015年7月6日付で商品価格改定がございました。※こちらの商品の香りのムエット(試香紙)を差し上げております。ご希望の方は「この商品について問い合わせる」ボタンから「ムエット(試香紙)希望」+【お名前】【ご住所】をご記入のうえ、お問い合わせください。

コメントを残す