赤茄子はみずみずしく豚バラの脂と相性抜群、トマトの酸味も

赤茄子のポワトリーヌ・ド・コション・ファルシ

¥660

厚切りの豚バラ肉で旬の野菜を包みました。
時間をかけて塩漬することで味わいを引き出した豚バラで、具材を包み1日かけて低温調理、じっくり中まで旨味を閉じ込めています。
中の具材が季節によって変わる、旬を感じられる一品です。

夏の野菜は、熊本赤茄子とトマト。
赤茄子はみずみずしく豚バラの脂と相性抜群、トマトの酸味も相まってさっぱり召し上がっていただけます。冷たいままでも、焼いても、茄子のとろっとしたジューシーさを楽しめます。

【おすすめの召し上がり方】
1. フライパンに軽く油をひき、弱火で温めます。
2. 弱火から中火で片面5分を目安に両面を焼きます。
3. 両面に焦げ目がつき、カリッとしてきたら完成です!
 程よく溶けた脂と具材の味わいが絶品です。