昔からの夢に再チャレンジする方や、退職後の第二の人生、子育てが落ち着いた

一度は諦めた夢でしたが…。警察の道に進むことが決まっても夢を捨てることができず、50歳を区切りに俳優をめざしました。
監修も手がけるようになったのは、ある作品で、助監督が手錠と腰縄のセッティングに苦戦しているところに遭遇し、僭越ながらお手伝いさせていただいたんです。

その時にマネージャーが「警察官として30年のキャリアがあるので、監修面でもお手伝いできます」と売り込んでくれたことがきっかけで、その後たくさんの作品に俳優兼監修として参加させていただくことになりました。

警察としてのキャリアが、こんなカタチで生かせるとは、人生わからないものです 

  昔からの夢に再チャレンジする方や、
退職後の第二の人生、子育てが落ち着いたからなど
皆さん、さまざまなきっかけがあります。



ストーカー被害を立証する必要があります。 そうでなければなかなか警察は動いてくれません。 もしそのような状態にもかかわらず中途半端に介入されてしまうと、 もっと“深刻な状況を招く”

コメントを残す